PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

日本の保育園

日本では、小さな子供のためのデイケア/チャイルドケアは保育園(ホイクエン)と呼ばれています。 これらの施設は、0〜3歳または0〜6歳の子供を対象としています。 中のほとんどは、政府によって管理されているか、政府と提携しています。 こういった施設は政府からの支援を受けており、あなたの世帯収入に基づいて、親に助成金が出されています。

最近、3歳以上の子供たちの育児は無料、すなわち政府によって全額助成金が出されているところもあります。 これらの学校では、需要に対して十分な供給がないため、見つけることのは困難です。 各エリアでは毎年、抽選会が開催され、家族は子供に通わせたい学校に申し込みます。 たとえば、両親が家にいて祖父母が近くにいる家族よりも、片親が多くのポイントを獲得するなど、さまざまな要因に基づいて各家族にポイントが与えて当選率が調整されます。

申し込みの時間になると、家族は希望学校を優先順にランク付けて申し込みます。 通常、最大10校程度の学校をリストできます(地域によって異なります)。 入学した学校を拒否するとポイントが失われるので、行きたい学校のチャンスを上げるため、望まない学校を配置しないように注意する必要があります。

政府運営または管理の学校や保育園には多くの種類があります。 そして、政府の抽選制度以外で、完全に私立の学校がいくつかあります。 これは公立に入学できない家族にとっては良いことですが、これらの学校は政府によって規制されていないため、より高価になる可能性があり、必ずしも同じ質のケアを受けるとは限りません(良くも悪くも)。

3歳までの学校に入ると、3〜6歳は別の学校を探す必要があることを意味します(日本では子供は6歳で小学校を始めます)。 これらの学校は幼稚園(ヨウチエン)と呼ばれています。

システムはかなり複雑で、興味があれば、また機会がありましたらこのテーマについてはもっとたくさん話します。