PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

日本でよく見かける鳥

日本でよく見かける鳥は、主にカラスとハトだと思います。ハトが丸くてかわいいのに対し、たまに遭遇する低空飛行のカラスの大きさにびっくりすることがあります。都会でも、写真のようにカラスの大群がよく見かけます。

カラスは鳥の中で最も知能が高いと言われています。計画を立てて行動したり、人間の個体を見分けたり、観察して学習することもできます。日本のニュースで、カラスにいたずらした人が、群れから報復されることが報道されていました。食料豊富な都心部に群がっていて人間の生活を影響し、政府が駆除に頭を悩まされています。頭がいいので、駆除の手法をすぐ慣れて、別の手法を考え続けなきゃという状況です。

カラスは世界各地の神話の中に、古代エジプトと古代中国、古代日本などで、よく三足の鳥と描かれ、太陽を象徴する鳥とされている。日本のサッカー協会のシンボルマークがこの三足のカラスです。面白いことは、同じ国でも、カラスが吉と不吉の象徴である伝説が同時に存在することも多いです。

日本では、街に見かけるカラスを捕まえることが禁止されています。カラスが攻撃されたら反撃する頭いい鳥なので、いたずらしたら、法律とカラスの大群から2重の制裁されることがありますので、気をつけてくださいね。