PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

日本の携帯電話

世界のどこにいても、最近では誰もがスマートフォンか少なくとも携帯電話を持っています。

私が最初に日本に来たとき、夏の間(2003年)に数ヶ月滞在していました。 当時、携帯電話はかなり一般的で、電話を持っていると便利でした。 私はJフォンという電話をかなり簡単に手に入れることができました。 たった数ヶ月のためでもリーズナブルで手に入りやすく、電話もできた…。ただ、日本にいる人としか使えず、海外に電話をかけられなかった。

長期滞在のために日本に引っ越した頃には、iPhoneが人気でした。 日本でiPhoneを買うと、Jフォンよりもはるかに高額でした。 ここのキャリアは2年縛りの契約が必要とします。

外国人がすぐに日本を離れて契約を破ったり、支払いをしなかったりするのではないかと心配しているため、外国人が電話を手に入れるのは一般的に難しい。 銀行口座と仕事を持っていて、在留カードを持っていることを証明できれば、スマートフォンを手に入れることができます。 もちろん、必要に応じて電話料金を前払いすることもできます。

ここでの主なキャリアは、ソフトバンク、ドコモ、AUです。 個人的にはソフトバンクとドコモしか使っていません。 新規割引を利用するために、契約が終了するたびに3つの間をローテーションする人もいます。 他の国とは異なり、長期ユーザーへの報酬はありません、キャリアは新規顧客を取り入れるため新規割引に力を入れています。

サービスのために来店する必要がある場合は、時間がかかります。 アメリカでもそうですが…日本ほどではないと思います。 十分な時間と忍耐力があることを確認してください。 日本語が話せない方は、渋谷や新宿の英語対応のお店に行くことをお勧めします。 通常、電話でのカスタマーサービスは、店舗に行く必要がない場合は英語でサポートされます。