PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

節分:楽しい伝統行事

節分は日本の伝統行事の一つで、子供や外国人にとって、この日は楽しい行事がたくさんある日です。

日本語で、節分は「季節の分け目」という意味で、一年中4回ありますが、立春の前の日の節分は、一番広く知られています。人々は季節の分け目に、鬼が災いをもたらしてくると信じていて、鬼を駆除するため、この日に豆を撒いて、自分の年齢と同じ数の豆を食べます。この習慣は、500年以上の歴史があると言われています。

現代では、家庭や学校でこの日に豆まきのゲームをやります。お父さんや男性教師が鬼のマスクをして、鬼を扮します。そして子供が鬼に豆を投げながら、「鬼は外、福は内」という決まり文句を唱えます。これは、悪いことは外に出て、いいことはうちに来るという意味です。

もう一つの節分の習慣は、恵方巻という長いすしロールを食べます。鬼に豆まきに比べて、恵方巻を食べる習慣の歴史がだいぶ短いです。一説では、大阪にあるすし組合が1980年代に提唱して、2000年代に大手コンビニで節分に恵方巻を発売することで、一気にブームになりました。キャンペーンでは、恵方巻を食べるときに、毎年違う「恵方」を向いて食べることがお決まりだそうです。ちなみに、ことしの恵方は「南南東」ということです。

こんな楽しい遊びやグルメのある伝統行事、ぜひ祝ってみてはいかがでしょうか。