PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

着物について

日本と言えば「着物」。すぐ頭に浮かぶイメージである。
男性用の着物もあるのだが、海外からのイメージは男性用の物よりも女性用の方が強い。
まず最初に少し歴史の時間を!
まだ欧米の洋服が一般的になる前、「着物」は日本の普通の衣服でした。今では一部の人を除いて毎日着る服ではないですが、お祝い事がある時など、特別な機会に着ます!

種類は様々ですが、日本にいると、簡単に見かけることができる!例えば、「成人式」の日に役所の近くに行けば、たくさんの着物姿の若者たちが集まっている。女性は「振袖」-袖が100/110cmの長さもあるよ!-、男性は伝統的の「袴」ですが、最近はスーツが人気だ。

男性は伝統的の「袴」ですが、最近はスーツが人気だ。
また、気軽な雰囲気で観察できるのは「祭り」*の時だ!祭りは夏に多くあり、暑いので、この場合着物が軽くなる:浴衣。浴衣の方が男女関係なく、着られている。季節や機会に合わせて、着物にも変化がある!