PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

茶道について

日本のお茶は世界中で有名である。
「抹茶」という単語でさえ、このまま様々な言語に入った。
今回はお茶の種類よりも、日本で知られている「茶道」について簡単な歴史的な紹介したい。
13世紀に中国から輸入され、最初は僧侶から侍までに習慣にし、16世紀から一般的なお飲み物になった。茶道とは同じ時期にSen No Rikyuから考えられた式である。

茶道を行うのに細かい準備が必要で、4つの信条に基づいている。
・「純粋さ」
・「静けさ」
・「尊敬」
・「調和」
(和敬清寂 wakeiseijaku)
茶道はだれでもできるものではなく、茶道のほか、芸術(書道、生け花、着物など)に関する教育を先生から人生にずっと受け続いている。19世紀末までには男性のみが茶道を行っていた。その理湯は簡単である。当時に茶道は侍にとって安全な場だった:戦いを避け、細心で意見交換したり、語らったりしていた。明治時代からは侍の時代が終わりつつ、女性がその伝統を引き続い、今でも女性が多く茶道を行っている!