PlayPause
previous arrownext arrow
Slider

門松をご存知ですか?

日本では、正月になると写真のような飾り物が街中に見ることができます。これは「門松」と呼ばれて、文字通り「門に置く松」です。諸外国におけるクリスマスツリーのように、門松は日本の新年の定番の飾り物です。

門松の歴史は、1000年近くあると言われています。松は長生きと幸福の象徴であり、人々は幸運の神様を迎えるため、新年に門松を置く習慣があります。一般的な門松は、松と竹とその他いくつかの花で構成されます。日本では、竹も縁起の良い植物です。

門松を飾るには、いくつかのルールがあるそうです。例えば、クリスマスツリーと違い、門松は家の中ではなく、扉の外に設置するのが普通です。また、設置するタイミングは、必ず31日を過ぎてからと言われています。それより早く設置してしまうと、神様は訪れないかもしれません!

最近、マンションに住む人が多くなり、門松を置くスペースがなく、代わりに門松のポスターを貼る人が多くなりました。ポスターでも、ちゃんとルール守れば、必ず神様が迎えられますよ。